ニュースリリース

請求書
2021/04/26

「電子請求書早払い」百十四銀行とビジネスマッチング契約を締結
~BtoBファイナンス分野における金融機関連携を促進し、中小企業の成長を支援~


 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、株式会社インフォマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:長尾 收、以下「当社」)は、株式会社百十四銀行(本店:香川県高松市 代表取締役頭取:綾田 裕次郎、以下「百十四銀行」)とビジネスマッチング契約を新たに締結いたしました。これにより、百十四銀行の取引先に対して、GMOペイメント
ゲートウェイ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:相浦 一成、以下「GMO-PG」)と展開している「電子請求書早払い」の提供を、本日2021年4月26日(月)より開始することをお知らせいたします。





< 契約締結の背景 >

 昨今、長引く新型コロナウイルス感染症の影響により、売掛債権を資金化して手元資金を確保するファクタリングサービスへの注目度が高まっています。

 この度、百十四銀行取引先事業者の更なる企業成長を支援することを目的に、当社とGMO-PGが展開している請求書(売掛債権)をスピーディーに資金化する「電子請求書早払い」を、百十四銀行の取引先へ提供を開始いたします。

 これにより、百十四銀行と取引があるBtoB事業者は、優良な売掛債権を資金化することで、事業資金の素早い調達が可能になります。また、従来の借入では限界があった成長企業等の資金調達ニーズにも新たな資金調達方法として対応できるようになります。

 当社は今後も、各金融機関とのパートナー連携を強化し、企業の更なる発展・成長を支援してまいります。


< 「電子請求書早払い」について >

 「電子請求書早払い」は「BtoBプラットフォーム」をご利用のBtoB事業者向けに提供する売掛金の早期資金化サービスです。

 BtoB事業者は、事前にサービスの利用申し込みを行い、その後、「電子請求書早払い」の画面から発行済みの請求書(売掛債権)選択し、買い取り依頼を行うことで売掛金を入金期日よりも早期に資金化することができます。お申し込みからご契約までの手続きがオンラインで完結するため、完全非対面の資金調達が実現します。
 また、売掛債権を譲渡することでGMO-PGが代金回収を行うことになるため、未回収のリスクも軽減できます。

 URL:https://www.infomart.co.jp/btobfinance-hayabarai/lp2.asp


< 会社概要 >

【百十四銀行】

会社名  :株式会社百十四銀行(東証一部:8386)
代表者  :代表取締役頭取 綾田 裕次郎
本社所在地:香川県高松市亀井町5番地の1
設立   :1878年11月1日
資本金  :373億円
事業内容 :普通銀行業務、その他金融業務全般
従業員数 :2,157名
URL   :https://www.114bank.co.jp/

【GMO-PG】

会社名  :GMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:3769)
代表者  :代表取締役社長 相浦 一成
本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
設立   :1995年3月
資本金  :49億8,700万円(2020年12月末現在)
事業内容 :総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
従業員数 :625名
URL   :https://www.gmo-pg.com/

【インフォマート】

会社名  :株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者  :代表取締役社長 長尾 收
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立   :1998年2月13日
資本金  :32億1,251万円
事業内容 :BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数 :592名(2020年12月末現在)
URL   :https://www.infomart.co.jp/