ニュースリリース

契約書
2021/03/04

インフォマートの「BtoBプラットフォーム 契約書」が
「BOXIL SaaS AWARD 2021」の「デジタルシフト」部門で1位を受賞!
~ コロナ禍で需要が高まるSaaSサービスとして表彰 ~


 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾 收 以下、「当社」)が提供する「BtoBプラットフォーム 契約書」が、「BOXIL SaaS AWARD 2021」の「デジタルシフト」部門で1位を受賞したことをお知らせします。





<「BOXIL SaaS AWARD」とは >

 「BOXIL SaaS AWARD」はスマートキャンプ株式会社(以下、「スマートキャンプ」)が、2019年から毎年3月4日をSaaS(サース)の日として、今評価されているSaaSを表彰するイベントです。SaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL SaaS」上に掲載され、エントリーされた各サービスの中から、定量・定性それぞれの基準に沿って各部門複数サービスをノミネートし各賞を選出しており、今年で3回目の開催となります。

 2021年は、コロナ禍における働き方改革で高く評価されたサービスを表彰する「カウンターコロナ部門」が新たに追加され、「BOXILランキング部門」「SaaS AWARD 2021部門」の計3部門において、大賞2サービス、部門別大賞14サービス、部門賞45サービス
(※)が選出されました。

 その結果、当社は「BOXILランキング」部門内、「デジタルシフト」部門にて1位を受賞しました。

BOXIL SaaS Award2021特設サイト:https://boxil.jp/awards/2021/
(※)部門賞の受賞数には複数部門での重複受賞数が含まれています。


■受賞コメント

 この度の受賞を大変嬉しく思います。電子契約サービスは複数のサービスベンダーから提供されておりますが、その中でも当サービスは昨年度において3倍の規模に成長しており、今年も更に成長を加速させていきます。新たな機能もリリースする予定です。今後も皆様に満足してご利用いただけるよう、機能だけでなく、BtoB領域での業容20年以上、50万社以上のフォロー経験値を活かしたサービスを提供し、サポート体制も強化してまいります。

株式会社インフォマート
電子契約事業 執行役員 齋藤 文彦


< 「BtoBプラットフォーム 契約書」について >

 企業間で交わされる契約をWeb上で締結できるクラウドサービスです。契約の締結・管理を電子データ化し一元管理することで、従来の契約業務にかかっていた手間とコストを削減します。また、社内承認をWeb上で行うことができるワークフローシステムや、紙の契約書を電子データ化し、アップロード登録ができる「自社保管」機能も搭載。バックオフィス業務の効率化やテレワークが実現します。2021年2月末現在で約15,000社が利用しています。

URL:https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp


< 会社概要 >

【インフォマート】

会社名  :株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者  :代表取締役社長 長尾 收
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立   :1998年2月13日
資本金  :32億1,251万円
事業内容 :BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数 :592名(2020年12月末現在)
URL   :https://www.infomart.co.jp/