ニュースリリース

ニュース
2020/06/29

「BtoBプラットフォーム」が経済産業省が推進する「IT導入補助金2020」
C類型の対象に認定

~テレワークによる中小企業の生産性向上を支援、最大450万円補助~


 株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾 收、以下「当社」)は、経済産業省が推進する「IT導入補助金2020」(以下、「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」として採択され、当社が提供する「BtoBプラットフォーム」が補助金対象のITツールとして認定されました。



< IT導入補助金2020(C類型)[特別枠]について >

 IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウェア、クラウド利用費、導入関連経費等)を導入する経費の一部を補助することで、導入企業の中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としています。

 昨今の新型コロナ感染症が事業環境に与えた影響への対策及び同感染症の拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援するために創設されたものです。補助金の対象は、初期費用・初年度のサービス利用料やライセンス/アカウント料、また導入支援費用などで、最大450万円が補助されます。

 URL: https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/



< IT導入補助金2020特設ページ(お客様のお問合せ先もこちらから)>

 URL:https://www.infomart.co.jp/campaign/it_hojokin.asp


 

< 今後の取り組み >

 当社は「BtoBプラットフォーム」を導入する際の費用面でのハードルを下げ、テレワークを整備する企業様及び、コロナ禍で事業に影響が出た外食業界の皆さまへの支援を推進してまいります。

 さらに、中小企業・小規模事業者等が容易にご利用いただけるツールとして事業者の業務効率化、時間短縮、コスト削減による生産性向上を実現し、売上拡大、ペーパーレス化につなげることで、日本の企業、社会全体の生産性向上に貢献します。

 

< 会社概要 >

【インフォマート】

 当社は、世界中の企業や人を結ぶことを目指した「BtoBプラットフォーム」を運営しております。企業間取引の“プラットフォーマー”として、様々な業界、業態の企業に当社のサービスを通じて紙から電子データ化への移行、企業のペーパーレス化を促進し、利用企業数は43万社、2019年度年間流通金額は11兆円を超えています。今後も、企業の生産性向上、時間短縮、コスト削減を実現、売上拡大やペーパーレス化によるECOに貢献し、業界や国の垣根を超えて、世界中の企業や人を結ぶグローバルな「BtoBプラットフォーム」企業を目指します。

会社名 株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者 代表取締役社長 長尾 收
本社所在地 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立     : 1998年2月13日
資本金 32億1,251万円
事業内容 BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数 529名(2020年3月末現在)
URL         : https://www.infomart.co.jp/