ニュースリリース

FOODS
2022/06/01

インフォマートが食団連のオフィシャルパートナーに決定


 国内最大級のフード業界向けプラットフォームを運営する株式会社インフォマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:中島 健、以下「当社」)は、当社が、食文化を未来へつなぐため外食産業に関わる生の声を発信する一般社団法人 日本飲食団体連合会(所在地:東京都千代田区 会長:服部 幸應 、以下「食団連」)のオフィシャルパートナーに決定したことをお知らせいたします。





 食団連は、「日本の食文化を未来に繋げ、食産業の発展とその従事者の社会的地位向上に寄与する」ことを目的に、日本の飲食業に関わる個人・中小規模の企業や専門店等を会員に持つ14団体が2021年12月に設立した連合団体です。現在は、日本の飲食業に関わる個人・中小規模の企業や専門店等36団体、オフィシャルパートナー21社から成り立ち、拡大が進んでいます。

 当社は、「企業間取引のプラットフォーマー」として様々な業界・業態にサービスを提供しております。創業から23年間、特にフード業界においては、受発注・請求業務をデジタル化することで、業界の業務効率化、生産性向上を支援してまいりました。

 食団連の使命である「日本の食文化を未来に繋げるとともに、食産業の発展、食にかかわる従事者の社会的地位向上への寄与」と、当社が創業以来掲げている「フード業界発展の支援」と親和性が高く、食団連の『今後の日本の食産業の未来を真剣に考え、活動し、声を届ける活動』に賛同いたしました。今後は、オフィシャルパートナーとして、食産業の現場の声を届け、業界の発展に寄与すべく活動してまいります。


< 当社 フード事業 執行役員 杉山 大介よりコメント >

 当社は創業以来フード業界をテクノロジーで支援し、業界発展に貢献することを掲げ事業展開を進めてまいりました。新型コロナウイルスにより大きな影響を受けた飲食業界、そこに関わる企業、ヒトは大きな変革を求められているタイミングだと感じております。

 「日本の食文化を未来に繋げるとともに、食産業の発展、食にかかわる従事者の社会的地位向上への寄与」という当会の使命に共感し、この度オフィシャルパートナーを務めさせて頂くこととなりました。
 日本の食文化・産業のさらなる発展のため、業種の垣根を越えた取り組み、情報共有、発信を積極的に行い、業界貢献に尽力してまいります。


< 会社概要 >

【インフォマート】

会社名  :株式会社インフォマート(東証プライム市場:2492)
代表者  :代表取締役社長 中島 健
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立   :1998年2月13日
資本金  :32億1,251万円
事業内容 :BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数 :633名(2022年3月末現在)
URL   :https://www.infomart.co.jp/