ニュースリリース

お知らせ
2021/06/11

「BtoBプラットフォーム」が「IT導入補助金2021」の対象ツールに認定
~テレワークによる中小企業の生産性向上を支援、最大450万円を補助~


 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、株式会社インフォマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:長尾 收、以下「当社」)は、経済産業省が推進する「IT導入補助金2021」(以下、「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」として採択され、当社が提供する「BtoBプラットフォーム」が補助金対象のITツールとして認定されました。





< IT導入補助金2021について(※1)

 IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウェア、クラウド利用費、導入関連経費等)を導入する経費の一部を補助することで、導入企業の中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としており、その種類には、通常枠(A・B類型)と低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)の2つがあります。

 低感染リスク型ビジネス枠は、新型コロナウイルス感染症の流⾏が継続している中、感染拡大を抑えながら経済の持ち直しを図り、中小企業のポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環を実現させるため、労働生産性の向上とともに感染リスクに繋がる業務上での対人接触の機会を低減するような業務の非対面化に取り組む中⼩企業・小規模事業者支援するために創設されたものです。補助金の対象は、ソフトウェア購入費用及び導入するソフトウェアに関連するオプション・役務の費用などで、最大450万円(C類型の場合)が補助されます。

 今回、当社の「BtoBプラットフォーム」から複数のサービスが、A類型またはC類型のツールとして認定を受けました。

■IT補助金の対象となるサービス
(※2)
 ・BtoBプラットフォーム 受発注
 ・BtoBプラットフォーム 規格書
 ・BtoBプラットフォーム 請求書
 ・BtoBプラットフォーム 契約書
 ・BtoBプラットフォーム 受発注for製造業

(※1)「IT導入補助金2021」の詳細は、公式サイトをご確認ください。
   URL: https://www.it-hojo.jp/

(※2) 契約形態(購入金額)によっては、補助金の下限額に満たず、補助金申請の対象にならない場合があります。
   詳しくは、下記の特設サイトより、お気軽にお問合せください。
   URL:https://www.infomart.co.jp/campaign/it_hojokin.asp



< 今後の取り組みについて >

 当社は「BtoBプラットフォーム」を導入する際の費用面でのハードルを下げ、テレワークを整備する企業様及び、コロナ禍で事業に影響が出た外食業界の皆さまへの支援を推進してまいります。

 さらに、中小企業・小規模事業者等が容易にご利用いただけるツールとして事業者の業務効率化、時間短縮、コスト削減による生産性向上を実現し、売上拡大、ペーパーレス化につなげることで、日本の企業、社会全体の生産性向上に貢献してまいります。


< 本件についてのお問い合わせ >

 下記の特設サイトより、お気軽にお問合せください。
 URL:https://www.infomart.co.jp/campaign/it_hojokin.asp


< 会社概要 >

【インフォマート】

会社名  :株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者  :代表取締役社長 長尾 收
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立   :1998年2月13日
資本金  :32億1,251万円
事業内容 :BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数 :595名(2021年3月末現在)
URL   :https://www.infomart.co.jp/