ニュースリリース

業界Ch
2020/10/22

コロナ禍に注目されるBtoBフィンテック最新動向の「特集レポート」を無料公開


 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾 收、以下「当社」)は、コロナ禍で資金繰りや取引先の与信不安など企業が抱える課題に対し、新たな資金調達の方法として注目されているフィンテックの業界把握をサポートするため、特集レポートとして「コロナ禍に注目されるBtoBフィンテック最新動向」を特設ページ(Link)にて無料公開いたしました。


 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界的に経済が停滞する中で、会社の資金繰りのひっ迫や取引先の与信への不安増大が課題となっております。
 このような状況下で、従来型金融サービスに加えて、フィンテックが注目を集めています。例えば、資金調達の方法としては、オンラインレンディングやファクタリングといった手法が、与信不安に対しては売掛保証など未回収リスクをアウトソースする手法が注目を集めています。当社も2020年1月より、ファクタリングサービス「電子請求書早払い」を提供しており、資金繰りに課題をお持ちの企業様をサポートさせていただいております。

 本レポートでは、コロナ禍で注目されるフィンテックと主要プレイヤーを紹介し、各種サービスの特徴を整理することで、正しい業界を理解していだけるようサポートいたします。また、今後のWithコロナ、Afterコロナの環境下での金融サービスの動向に関する見解も示しております。今後の企業活動を考える一助としてご活用ください。


< レポートの概要 >

名称 「コロナ禍に注目されるBtoBフィンテック最新動向」
構成
①コロナ禍で企業が抱える課題
②注目されるフィンテックサービス
③主要プレイヤーの動向
④Withコロナ・Afterコロナにおける展望


■レポート特設ページ(以下よりダウンロードください)
 URL:https://go.infomart.co.jp/LP_DLdoc_report_b2b-fintech_form.html


< 『電子請求書早払い』について >

 『電子請求書早払い』は「BtoBプラットフォーム 請求書」または「BtoBプラットフォーム 受発注」をご利用のBtoB事業者向けに提供する売掛金の早期資金化サービスです。

 BtoB事業者は、事前にサービスの利用申し込みを行い、その後、「電子請求書早払い」の画面から発行済みの請求書(売掛債権)を選択し、買い取り依頼を行うことで売掛金を入金期日よりも早期に資金化することができます。当社は企業の資金調達の選択肢を増やすことで、経営のサポートも強化してまいります。

 URL: https://www.infomart.co.jp/btobfinance-hayabarai/lp2.asp


< 会社概要 >

【インフォマート】

会社名  :株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者  :代表取締役社長 長尾 收
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立   :1998年2月13日
資本金  :32億1,251万円
事業内容 :BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数 :567名(2020年6月末現在)
URL   :https://www.infomart.co.jp/